離婚の際には、やっぱり弁護士に頼んだ方がいいのでしょうか? 離婚するにあたって、絶対に譲れない条件があり、それを夫が認めてくれない場合には、弁護士に頼んだ方がいいかもしれません。 例えば、絶対に親権を取りたい場合や与えられた精神的苦痛にふさわしい慰謝料がほしい場合などには、弁護士に依頼することも検討してみてください。 当り前ですが、夫側が弁護士に頼んでいるなら、不利になってしまわないように、こちらも弁護士に頼む必要があるといわれているのです。 とはいえ、弁護士費用はかなり高額です。 まず最初に、自治体などが行っている弁護士への無料相談や法テラスなどで相談してみることをオススメします。 その際には、前もって要点をまとめておくといいですね。 法律の専門家に相談した上で、離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)調停を起こせば、弁護士に頼まなくても、望んだ条件通りの離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)ができる事もあるらしいです。 ただ、それも相手次第ですので、状況によっては弁護士に頼む方が有利になるかもしれません。 弁護士費用は高額とはいえ、分割での支払いも可能ですし、親権を夫に取られて後で後悔するぐらいであれね、なるべくの事をしておいた方がいいでしょうー